すぐに金額を用意する必要はない

弁護士に依頼をすると費用をすぐに準備をしなければ行けないと思っている人が多いですが、全ての問題を解決してから支払うケースもありますので、後から支払いを一括で済ませる弁護士も増えてきているので、最初から弁護士費用を準備しなくても問題はありません。昔と違って今の弁護士事務所では先払いをすることは少なくなってきていて、後から成果報酬で弁護士費用を支払うケースが多くなってきています。

 

今の弁護士は成果報酬で費用を支払ってもらうことが多いです。交通事故の案件を扱う弁護士は、被害者が獲得できる賠償金の金額が大きくなればなるほど高額になりますが、それでも賠償金から費用を賄うことができるシステムが整っています。だからこそ弁護士に支払う費用は、加害者からもらう賠償金額の数%という契約が主流になってきているからこそ、昔と違って最初から支払う費用を準備しなくても大丈夫です。

 

賠償金額の数%という契約が主流になっているからこそ、どんなに高額でも弁護士費用が賠償額を上回ることは絶対にありませんので、被害者が弁護士費用で損をするようなことは一切ありません。相談料が無料の弁護士事務所を選んだり、任意保険で人気がある弁護士費用特約を利用するなどして費用を安く抑えることができます。