事務所によって支払日は違う

交通事故の弁護士費用はそれぞれの弁護士事務所によって支払日が異なりますので、自分が依頼をしようと思っている法律事務所はいつ支払いをしなければいけないかを必ずチェックするようにしてください。その期日までに支払いを済ませられるように、あらかじめ費用を準備しておくようにしてください。今は費用を準備しなくても加害者からもらう賠償金額の数%という契約が主流なので、賠償金額を費用にあてることができます。

 

交通事故の加害者が慰謝料請求をするときに弁護士に対して支払う費用は鑑定料、着手金、手数料などがあります。それぞれ受任時に支払うことが多いですが、後から一括で賠償金が振り込まれてから支払うに充てる弁護士事務所もあります。自分が依頼をしたいと思っている弁護士ではどのような費用が発生するのか?その費用はどのタイミングで支払いをしなければいけないかを必ず確認するようにしてください。

 

支払い方法は多くの法律事務所で現金か銀行振り込みを採用しています。一括払いを希望する弁護士事務所もありますが、分割払いに対応をしている弁護士事務所もありますので、自分が依頼をしたいと思っている法律事務所の支払い方法はどのようになっているかを事前に確認しておくようにしましょう。

Comments are closed.